収入のない専業主婦がキャッシングできる理由

収入のない専業主婦がキャッシングできる理由

キャッシングの申し込み条件として第一に挙げられるのが、安定した収入がある人という項目です。
安定した収入がある=仕事をしているという解釈になりますので、キャッシングをするには何らかの仕事をしていることが絶対条件になっています。
しかし、最近のキャッシング会社の広告を見ると、専業主婦OKという文字をよく見かけます。
専業主婦というのは仕事をしていない主婦という意味になりますから、キャッシングの申し込み条件である安定した収入がある人とはかけ離れています。

 

なぜ専業主婦でもお金が借りられるのでしょうか。

実は昔から専業主婦でもキャッシングはできていたのです。
夫の収入を世帯収入とみなして、妻である専業主婦がキャッシングをすることができました。
しかし2010年を境に状況は一変します。
この年に貸金業法が改正され、総量規制が完全施行されました。
総量規制の一つである配偶者貸付けについての中には、専業主婦のキャッシングには

  • 配偶者の「同意書」
  • 配偶者との婚姻関係を示す書類
  • 配偶者の年収を証明する書類

などを提出が義務付けられました。
それに加えて、年収の三分の一以上の借入もできなくなってしまったのです。

 

これには利用者はもちろん、キャッシング会社も大いに戸惑いました。
会社側としては、様々な書類を揃えたり計算したりと、いろいろ面倒な手続きが増えてしまうことを考えると、いっそ専業主婦の借入をなくしてしまった方が良いという結論に至ったのです。
ですから現在は貸金業法に基いて経営をしている

  • 消費者金融系
  • 信販系
のキャッシング会社では専業主婦の借入はできません。

しかし、貸金業法以外の法律で経営をしているカードローン会社であれば今現在でも借入はできます。
総量規制の対象外業者である銀行カードローンがそれにあたります。
仕事を持たない専業主婦でも借入ができる銀行カードローンはこういった理由から、女性に圧倒的な指示を得ている人気のキャッシングになっています。
ぜひ申し込んでみてはいかがでしょうか。