キャッシング申し込みの流れ

申し込みの流れについて

キャッシングを申し込んでから実際に借りられるまでの流れはどのようになっているのでしょうか。

初めて借入をする方にとって不安に感じる一連の流れについてご説明いたします。

 

申込 → 審査 → 契約 → 融資

 

まず初めにするのが申込です。
キャッシングの申込方法は様々で、自分がやりやすい方法で申し込めるようになっています。

  • 有人店舗
  • 無人・自動契約機
  • インターネット&モバイル
  • 郵送
  • FAX

現代は一家に一台が当たり前と言われているパソコンやスマートフォンの普及により、インターネット&モバイルからの申込がかなりの数を占めているようです。
どの申込方法でも申込書の内容は同じで、記入又は入力してキャッシング会社に渡します。
その時に身分証明書等の必要書類も一緒に渡しましょう。
書類が全て届けば審査が開始されます。
審査は早いところだと30分程度で終わると言われていますが、これは当日の審査の混み具合によって1時間かかる場合もありますから、余裕を持って申し込むようにしましょう。
審査結果の連絡は電話かEメールで来るようになっています。
無事審査が通れば契約へと進みます。
契約は極端な話、契約書にサインをしたら終わります。
しかし、融資のことや返済のことなど、利用するにあたり需要なことや知っておかなければならないことを理解する場です。
サインをした時点で全ての内容を理解したと捉えられてしまいます。
後で「聞いてない」「知らない」と言ってもキャッシング会社側には通じません。

 

もちろん、テレビCMや広告などで見かける大手キャッシング会社は、顧客に不利になる不当な契約を結ばせるということは有り得ませんが、それでも聞いてないや知らないというのは通用しないのです。ですから、契約の場は理解する場という認識のもと、分からないところや不安なところを分かるまで質問するようにしてください。
契約が終われば融資を受けられるようになります。
以上がキャッシングの申し込みから融資までの流れになります。